読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカが教えるオススメ本

バカでも変われる、読書なら。高校のテスト最低点13点の俺でも楽しめるオススメの本を紹介しています。読書で人生変わるよ?

社会に不満足なやつ集まれ!

社会 対談

時間がすぎるのは早いですね~300ページが読み終わるのに二時間半かかりました。しかし体感時間的には一時間半くらいでしたw俺の体内時計が壊れているだけかもwそんな時間感覚がおかしくなるほど面白かった本がこちらです。

 

 みなさん、ご存じ乙武洋匡さんと八名の著名人の対談本です。この時期の乙武さんというと、不倫騒動から復帰されたばかりで偏見を持っている方も多いかと思いますが、昨日のブログで紹介した福沢諭吉が不倫について議論しているのはレベルが低いとおっしゃってたので特にこのことについては触れませんw

 

noukatsu0.hatenablog.com

 僕は乙武さんについては五体不満足のイメージしかありませんでしたが、たまたま乙武さんの著書であるこの本を読んだり、不倫騒動から復帰されてワイドナショーや茂木さんのTwitterなどを見ていて、ただの人間ではないなと思っていたぐらいですw

 

自分を愛する力 (講談社現代新書)

自分を愛する力 (講談社現代新書)

 

 とても失礼なことですが、社会不満足を読んで、この人は日本に住んでいる以上知っておかなければならない人だと確信しましたwそんな乙武さんの本を紹介したいと思いますが今回は八名の方との対談の自分なりの見どころを紹介する形式にしたいと思います。

まず初めに駒崎弘樹さん。彼は病児保育をしています。それは子供は風邪をひくのは当然なのにそれを保護してくれる保育がないことへの疑問だったそうなのですが、主にこの話が展開されていくのですが、駒崎さんがこの道に進むまでの経緯がとても面白いと思いました。社会に貢献するにはこんな方法があることを教えてくれています。

次に小室淑恵さん。彼女とは子育てについて話しています。実際両者とも子育て経験者でとても現実的な話を聞けます。その一部として小室さんの言葉で夫を育てるということを言っている話があります。かなり衝撃的な言葉ですw夫が家事を手伝ってくれた時の対応間違ってませんか?

続いて堀潤さん。彼はNHKのアナウンサーだった方です。堀さんとは報道についてお話しています。東日本大震災の時報道は何ができたのか。何が正しいのかわからない状況の中での葛藤の中で出した堀さんの答えの話。他に面白かったのは退職するときのエピソードです。これは芸人さんのエピソードトークみたいで面白かったですwアナウンサーである方の人間臭さみたいのが前面に出ていますw

四人目は東さん。彼とはネットと現実の関わりについて話しています。その中で面白かったのは少し本筋とはずれてはいますが、福島第一原発の観光地化の話です。お好み焼きを食べに行くついでに原爆ドームに行くように、原爆ドームに行くついでにお好み焼きを食べに行くように、そういうことをしていく必要があると言っていました。もちろん本筋の話も、ゲンロンカフェの狙いについての話もしているので面白いです。

五人目は古市憲寿さん。彼とは戦争についての話をしています。戦争をどう扱っていくか、他国は戦争をどう扱っているのかの話が面白いです。韓国なんかは戦争博物館をエンターテインメント化しているそうですよw日本ではありえませんね。なぜ、韓国ではこういう扱い方をしているのか、日本ではなぜこういう扱い方をしないかは自分で読んでください。

六人目は開沼博さん。彼とは福島の原発について話しています。開沼さんは精力的に原発について調べている方です。そんな彼のしらべるにあたっての動機や、福島になぜ原発を立てたのか、これからのこういう問題との付き合い方など、地元が福島であったからこその視点での話をしています。

 七人目は津田大介さん。彼とはネット選挙について話しています。ネット選挙を行うにあたっての弊害だったもの、ネット選挙の可能性、ネットを使ったオバマ夫妻の行動。そんな話を話しています。そしてネットだけでなく、テレビの重要性についても話されています。

最後は家入一真さん。都知事選に出馬した彼とはその当時のことについて話しています。出馬する前の話や、出馬するにあたっての周りの反応、出馬してからの周りの反応、その中で何を学んだのかなど、とても当時の深い話が展開されています。なかなか聞けない話が聞けます。

本書の最後にはゲンロンカフェに出演した時の乙武さん、東さん、津田さんの対談も掲載してあります。この中身については触れませんが東さんと津田さんの悪ふざけがなんとも親近感のわく内容になっていますwファンの方からすると、あ~いつものことね。という感じですw

こんな感じでとても内容の濃い是非自分の目で見てほしい本です。この本がもっと多くの方に届けばいいなと思います。読書で人生変わるよ?