読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカが教えるオススメ本

バカでも変われる、読書なら。高校のテスト最低点13点の俺でも楽しめるオススメの本を紹介しています。読書で人生変わるよ?

三時間ですっきり起きる方法!

健康

皆さんは普段何時間寝ていますか?僕は今は九時間くらい寝ています。寝すぎだろ!と思われそうですが、僕のこれまでの考え方は眠りたいだけ寝ておきたいときに起きるのが一番でした。しかし、この本を読んで自分の考えに変化が起きました。理想としてはこの考え方は一番いいと表はいますが、現実的に見たときの一番いい睡眠の考え方について考え直すきっかけになりました。そんな今日紹介する本がこちら。

 

疲れがウソのようにスッキリとれる3時間熟睡法 (ナガオカ文庫)

疲れがウソのようにスッキリとれる3時間熟睡法 (ナガオカ文庫)

 

 日本人の成人の平均でだいたい七時間強の睡眠をしています。これは意外でしたwもっとしてないかと思っていたのですが。この睡眠の時間は二十四時間のうちの三分の一を占めています。結構取られていますね~たぶん多くの人は時間が足りないと嘆いてることでしょう。僕もその一人wしかし、睡眠時間を削るのはダメだし…と思うのが普通ですよね。でも、僕たちは果たして効率よく寝れているのだろうか?そんな効率性を求めた本がこちらの三時間超熟睡法です。決してタイトルだけ見て三時間でいいんだ~と思って寝ないでください!タイトルにもあるように熟睡法ですので適当に寝ても決していいことはないですwそれではこの本の中身を紹介したいと思います。

まず初めに三時間睡眠で脳がばっちりさえる!といった話が展開されていきます。そして第一章の終わりには熟睡度チェックリストがありますので是非チェックしてみてください。ちなみに僕は11個で全く体内時計が正常に動いていないと診断されましたw

二章からはなぜ我々は長時間睡眠をしてしまうのかについて書いてあります。

三章は少し科学的な部分が入ってきますが、ここであきらめないでください!むしろ最初っからあきらめそうな人は飛ばしてもいいと思いますw

四章はすっきり目覚めて朝方の人間になる方法と朝方のメリットが書かれています。

五章は実際に熟睡するための知恵が書かれています。

六章は体の疲れをとったりスムーズに活動できるようになるビジョンヨガというものを紹介しています。

七章はまとめとして熟睡すると人生変わるよ!という話が書かれています。

この本を読んで僕は最近の自分が運動をしていないことに気づきました。運動はしなければ疲れないものだと思ってしまいますが、全くしないことで逆に体に悪く睡眠の質を下げるようなことをしてしまっているんだなと思いました。他にもみなさんお風呂に入る時間だったり食事のとり方によっても熟睡できるかどうか変わってくることを知ってましたか?何気なく生活していては変わるものも変わりません。是非皆さまもこの本を読んで健康でかつ時間を最大限有効に使える生活を目指してみませんか?